©2019 by 資産運用. Proudly created with Wix.com

バランスシートを作成し、資産の状況を確認しよう!

バランスシート(貸借対照表)を作成すると、お金が貯まります!

企業の決算時に必要とされる財務諸表に、貸借対照表(バランスシート:BS)と損益計算書(P/L)があります。


バランスシート(以下BSと記載)とは、左側が資産、右側が負債と純資産になり、左側と右側がイコール(バランスする)になるので、BSと言います。


なぜ、BSを家計でも作成した方が良いのか?

それは、資産状況が一目瞭然になるからです。


もし、資産を大きく増やしたいと思うのでしたら、今現在の資産状況を知らなければなりません。または、お金が全然たまらない人も、BSを作成することで、お金がない事実を認識することで、お金に対する考え方がガラッと変わります。


個人の家計こそ、BSを作成することをオススメします。

お金に対する考えが変わり、資産形成の思いが強まります。


BSの左側を構成するのが、「資産」で、主な項目は、


・現金

・株

・不動産

・債券


です。

右側を構成するのが、「負債」と「純資産」です。

負債の項目は、


・借入(不動産ローン、自動車ローン、奨学金など)


です。外部から借りた借金ですね。

「純資産」はその名の通り、純粋な資産で、自由にできる資産です。


資産 ―  負債 = 純資産


という計算をします。

この純資産をどのくらい増やすことができるかが、資産形成のポイントになります。


不動産も資産ですが、仮に評価額3,000万円の不動産を所有していても、銀行からの借入(ローン)がまだ2,700万円残っている場合は、純資産は「300万円」になります(ちゃんと不動産が3,000万円で売却できればいいのですが)。


まずは、BSを一緒に作成します。


続いて、損益計算書(以後P/Lと表記)ですが、家計で計算する場合は基本的に


収入(手取り) ―  支出 


で計算します。

P/Lを計算することで、どのくらいのお金を貯蓄に回せるかがわかります。

なんとなくお金が貯まらないと思っている人は、P/Lを作成すると、原因がわかると思います。ポイントは、


・収入は手取り計算

・支出は千円単位

・月ベースの支出の大体の平均を算出


で、ざっくりで十分です。

家計簿ではないので、レシートなども不要です。

一円単位ではなく、千円単位で十分です。


皆さん、ちゃんとやろうとして、挫折し、三日坊主になるので、最初はこんな感じ、くらいの軽い気持ちで問題ありません。


問題は、次です。

作成した、P/Lを元に、


・月初の「残高」

・月中の「残高」

・翌月月初の「残高」


をチェックします。支出の項目が正しければ、損益の金額も正しいはずです。仮に、5万円プラスになっているのに、翌月月初の残高が、0円だと全くお金がたまっていないことになります。


一緒にP/Lを作成することで、どこに無駄使いをしているのかチェックできます。また、仮に5万円増えた場合、BSの資産が現金5万円分増え、純資産も5万円分増えます(左右ともに同じ額増えるので、バランスします)。


つまり、毎月P/Lのチェックをし、毎年BSを更新することで、着実に「純資産」を増やすことができるのです。


なかなかお金が貯まらない方でも、一緒にBSとP/Lを作成し、1ヶ月間預金残高を確認することで、どうしてお金が貯まらないかも判明します。


人は欲望に負けてしまうので、こうして他人に管理してもらうのが効果的です。

ライザップもそうですが、プロのスポーツ選手にもトレーナーがいて、管理してもらっています。


日本証券アナリスト協会認定プライベートバンカーが、あなたの資産を増やすお手伝いをいたします。