©2019 by 資産運用. Proudly created with Wix.com

NISAについて

NISAは、「少額投資非課税制度」といいます。
もともとは、イギリスのISA(アイサ)「Individual Savings Account(個人貯蓄口座)」を参考に2014年にはじまった制度です(ISAの日本版なので、NISAです)。

文字通り、「少額」の投資が「非課税」になる制度です。

【NISA】

・20歳以上
・1人1口座
・毎年120万円が上限
・最長5年(ロールオーバー可)


<メリット>


①株の場合:配当金、譲渡益が非課税
②投資信託の場合:普通分配金、譲渡益が非課税

一般的に、配当金や、売却時に利益があった場合は「譲渡益」に20%の税金がかかります。例えば、100万円で株を購入し、配当が1万円出た場合、1万円の20%、2,000円が課税されます。また、100万円の株が、120万円まで値段が上がったときに売却すると、利益が20万円あるので、その20%、4万円が課税されます。


NISAに申し込むと、この2,000円の配当益も、4万円の売却益も税金がかかりません(非課税)。


③ロールオーバーすれば、最大で10年間非課税になる。


<デメリット>


①1人1口座のみ
②新規購入のみ
③非課税枠の再利用、翌年繰り越しができない
④特定口座や一般口座との損益通算はできない
⑤5年後ロールオーバーしない際に、別の口座に吐き出された金額が、新たな取得金額にみなされる
⑥つみたてNISAと兼用できない

【つみたてNISA】

・新規投資額で毎年40万円が上限
・最長20年間


<メリット>

①20年間で最大800万円まで非課税です。


<デメリット>


①毎月33,000円以下しか購入できない
②スポット購入できない
③投資対象の金融商品が限定的
④非課税枠の再利用、翌年の繰り越しができない
⑤特定口座や一般口座との損益通算はできない
⑥保有銘柄のスイッチングができない


最大のデメリットは、

・投資対象の金融商品が限定的
・保有銘柄のスイッチングができない

の2つで、つみたてNISAは、金融庁の厳しい基準をクリアした投資信託やETFしかラインアップされていません。上場株式やREIT(不動産投資信託)は対象ではありません。

銘柄のスイッチングですが、例えば、Aという銘柄の運用成績が悪いので、Bという銘柄に変更したい場合、

・積立中の銘柄は積立を止める
・新たな銘柄の積立を始める

しか方法はありません。

NISAは少額すぎ、つみたてはスイッチングできないので、利回り的に不利。


<結論>

初心者には良いが、資産は大きく増えない。